1. トップページ>
  2. 金融支援サービス

金融支援サービス

【リスケへの対処法】〜親身になって御相談〜

「中小企業円滑化法」の適用が平成25年3月末まで延長されることになりました。

同法は平成21年12月に施行されて以来、中小企業の資金繰対策に相応の効果を発揮してきました。

しかし、同法適用期間も今回が最後と言われています。
来年までには未だ時間があると思ってはいませんか。
時間の経過はあっという間です。対策は今からでも早すぎません。

対取引金融機関との折衝について、幣所の適格なコンサルティングサービスをご利用されては如何でしょうか。

お客様の立場に立って、専門的なアドバイスを行います。


元都市銀行融資担当者による資金繰支援

当事務所には、元都市銀行融資担当者が在籍しております。

銀行等の融資を受けたい場合には、資金繰の専門家が問題解決いたします。

日本政策金融公庫融資申込事前打ち合わせについては公庫の担当者と当事務所での面談も可能です。


銀行からも信頼される虎の巻

銀行との取引は一朝一夕にはいきません。

銀行の信用を確保するにはどうすればよいのか。

信用は目に見えない。

どんな資料を作って、自社の誰が銀行の誰に説明すればよいのか。

借入金の使い道をはっきり説明できるのか。

現金が要るのです。

支手が回ってくるのですという説明では銀行は納得しません。

明日借入をしたいと申し込んでも、大半の銀行は返答を引き伸ばします。

借入返済の可能性を銀行が納得するのか。

等々、状況に応じて詳しく説明を求められます。